オンリーワンなオリT

Tシャツの加工1

オリジナルTシャツを作る場合は、加工方法がいくつかあります。

インクプリント

最もポピュラーなプリント方法の1つで、ラバータイプのインクでプリントすることによって、アイテムの惣菜や色に左右されない方法です。インクも発泡、蛍光、金、銀、ラメなどの特殊なインクにも対応しているため、デザインやアレンジの幅も広がります。大量プリントに適していて、個数が多い場合、比較的コストが安いプリント方法です。水性インク、油性インクがあり、多色刷りや繊細なデザインでプリントする場合は後者を選ぶことが多いようです。

コピー転写

色数を気にしないで、手軽にできるプリント加工です。ただし、四角のノリのあとが残るので注意。このプリントは、白い生地のときに最も良いとされています。プリントの品質は、家庭用プリンターで出力したときと、ほぼ同じレベルです。少数の場合のプリントに適しています。ただし熱圧着させるので、撥水性のものやナイロン系、裏地のある生地などはプリントできません。

デジタル転写

細かい表現や多彩なグラデーション表現が可能な上、洗濯などによる色落ちも少なく、素材の色などにも左右されないので、非常に高品質の転写プリントと言えるでしょう。白地のシートに、転写するイメージなどをあらかじめプリントすることによって、色地のシャツなどでも表現が可能となり、デザインの品質が高まります。色数が多かったり、イラスト・オールディーズ風なデザインを考えている方にはお勧めのプリント方法と言えるでしょう。「縁透明製版」を行った場合は縁は透明で生地色となります。そして「簡易デジタル転写」は白縁がつくタイプの簡易版ですが、白縁部分にも色をプリントできますので生地の色に近い色をプリントすることで擬似的に縁透明に近い感じの表現も可能です。

インクジェットプリント(ダイレクトプリント)

デザインが多色でも、縫い目をまたぐようなデザインでも、生地の色が濃い色でも自由にプリント可能な画期的に加工方法と言われるプリント方法です。発色も良く、洗濯にも強いプリント方法です。表現の幅が広がったことで細かいデザインもできます。また、ロットが少ない場合のコストもお得な方法です。ただし、厚手の物には向きません。

フロッキー

植毛シートをプリント加工し、熱圧着することによって、イラストやロゴなどが厚みのある丈夫なプリントに仕上がる転写プリントの代表的な方法です。よく、ゼッケンやワッペン類などのようなものに使われていましたが、最近では最中も腐れて、Tシャツなどにも多く利用されるようになりました。洗濯にも強く、インパクトのあるデザイン表現が可能です。しかし、一色のみの表現となりますし、また、熱圧着のため、撥水性、ナイロン系、裏地などのある生地には向きません。

刺繍

中学生や高校生のときの体操着やジャージなどに名前を入れる際に良く使われていた刺繍ですが、使用する糸や方法により、大きめのロゴやイラストなどのさまざまな表現、製作が可能な加工方法です。かなりインパクトがあるデザインが可能で、チームタグやロゴマークなどを袖や胸、裾などに刺繍することにより、オリジナリティあふれるTシャツが作ることができます。

 

ウォッシュ(洗い)

ウォッシュ加工は、独特の風合いをかもし出し、洗濯縮みなどを最小限に抑えることのできる加工方法として知られています。ジーンズなどで利用されていましたが、最近ではさまざまなアイテムで幅広く使用され、古着のような感じを漂わせることができる加工方法です。染めやプリントなどとの組み合わせで。オリジナリティが溢れる作品が期待できます。ウォッシュの際の注意点としては、薄手のTシャツ(4.4oz以下)には対応できないことと、バイオウォッシュなどをかけても全く色落ちがないものもあります。また、仕上がりの風合いは1枚1枚違います。

Favorite

永く使える物を!沢山揃えてお待ち申し上げます。

出刃包丁 おすすめ

極軽、超軽量スーツケースを製造しています。

スーツケース 大型

守秘義務の徹底はもちろんのこと、品質においては専門のバックグランドを有した翻訳者が訳します

医学翻訳

ジュエリーを相場価格で買収します。

プラチナ製品を無料査定で買取

Last update:2016/2/18

次のページへ